長楽寺動物霊園

口コミを投稿する

口コミを見る(16)

共同墓納骨堂大型犬遺体のお迎え電話24時間受付ホームページあり [解説]

「家族の一員として過ごしてきたペットだから、家族と同じように送ってあげたい。」そのようなご要望にお応えし、愛するペットが永遠の安らぎにつけるご葬儀・法要を行うための施設を用意致しました。霊園内には、礼拝堂・葬儀場・納骨堂・個別仏壇(室内墓)・写真供養棚・位牌棚があり、火葬場・合同慰霊碑を併設しています。また、ペットロスのご相談もお受け致します。

名 称長楽寺動物霊園
住 所〒457-0014 愛知県名古屋市南区呼続4-13-18
電話番号0120-19-1059
052-811-6036

※「ペット葬儀マップ」を見たとお伝えになるとスムーズです

URLhttp://www.chourakuji.org/
駐車場未設定
営業時間09:30 ~ 19:30
電話受付24時間
立会葬 09:30 ~ 15:00
所属等
掲載年数5年目

グーグルマップに登録が無い葬儀社は世界地図が表示されます     大きな地図で見る

Facebookで 長楽寺動物霊園 にコメント (当サイトではなくFacebookへ投稿されます)


長楽寺動物霊園 の口コミ一覧

16 件の口コミがあります

これらの口コミは、ユーザーの方々の主観的なご意見・ご感想であり、お店の価値を客観的に評価するものではありません。
あくまでも一つの参考としてご活用ください。 また、これら口コミは、ユーザーの方々が訪問した当時のものです。
内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

何度か利用してます。死にそうな子猫を保護したり、生まれたばかりの猫の赤ちゃんが死んでしまったり。
スタッフの対応はよいです。施設も広いです。合同葬にしました。お経は自分の猫のだけですが、部外者の方が同じ空間の椅子に座っておしゃべりしています。お経をあげてもらってるから静かにしてほしいと思う。利用者のマナーの問題ですが、待合室というものが少ないし、入り口近くにある椅子がお経をあげときに座る長椅子なのでそこに座ってしまうんだと思います。
休日に行くとそういう人たちが多くてイヤです。

ペンネーム:りょう(PC FkWXVlI) ネコ(雑種) 投稿日:2017/7/17(利用年月 2017年4月3日)

捨てられた生後間もない仔猫を保護して、3日間、毎日病院にも行きましたが、仔猫ちゃんは力尽きました。
病院から教えて頂いたお寺へ。
とても親切に丁寧に受付して頂きました。
仔猫ちゃんも安心して天国に行けたと思います。

ペンネーム:ケロ(携帯 NCkzgTU) ネコ(MIX) 投稿日:2016/8/9(利用年月 2016.8.7)

ビジネス感は否めませんが、他に選択肢がなかったので利用しました。施設やサービス内容は想定内でした。ペットなのでどこまでやるか悩ましいところですが、スタッフの方が「だいたい皆さんこのくらいです」と安めのプランを薦めてくださったので良心的なんだろうと思いました。

ペンネーム:sacco(PC LngiEGa) ネコ(ミックス) 投稿日:2015/12/13(利用年月 2015年1月30日)

先天性の肝不全を患っていた、私たちの小さい家族。

動物病院に駆け込んだ時にはすでに手遅れで、余命ひと月もないだろうと獣医さんに聞かされていました。ある程度の覚悟はしていたのですが、私たち家族にとって愛猫の死はとてもつらく悲しいものでした。
何もしてあげられなかったという思いと、せめてお葬式はちゃんとしてあげたいという願い、そして私たちの区切りのためにも、4年間の冬に南区の長楽寺動物霊園で供養をお願いいたしました。

緑に囲まれた静かな場所でしっかりとお経を読んでいただき、厳かながら心のこもったお別れが出来たと感じています。
一通り終わった後、読経をしてくださった僧侶の方が仰った「また会いに来てあげてくださいね」という一言が、胸がしみいるようでした。

今では愛猫の年忌や月命日の他に、年始の初詣の折にもお伺いしています。
静かな客殿からぼんやりと境内を眺めていると、まるでかつての家族がそこにいるような、不思議なあたたかさを感じることができます。

ペンネーム:かなこ(PC MzlgOqD) ネコ(雑種) 投稿日:2015/10/23(利用年月 2010年12月1日)

動物病院の紹介で、初めての家族の葬儀でした。悲しみと寂しさで一杯でしたが、お寺での葬儀とあって、人と変わらないとても、有難い式でした。そこで働く人も、気配りのきく人達ばかりで、大変感謝してます。葬儀の後の事(お墓、法要など)色々と手紙などで連絡もあります。葬儀費用は、火葬代その他で¥60,000~¥70,000だったです。あれだけの事をしてもらったので、決して高くないと思います。その後、もう一人の猫ちゃんも、2010年9月に同じ所で葬儀をあげました。今も、月命日に必ず行きます。お盆と正月も必ず慰霊祭を行なっています。余談ですが、長楽寺には、名犬サーブも眠ってます。

ペンネーム:はるりん(PC KHEgaoC) ネコ(チンチラ) 投稿日:2015/9/10(利用年月 2008年5月31日)

14年飼っていた愛犬が息を引き取りました。癌が見つかり、高度医療センターで抗がん剤や放射線治療にも耐えて、頑張って生きていましたが、息を引き取りました。
その際に、病院の先生から長楽寺動物霊園を聞き、すぐ電話して翌日火葬の予約をしました。

当日は受付の説明から丁寧にしてもらい、質問にはきちんと答えていただきました。愛犬が亡くなって悲しんでいる気持ちを察してか、話し口調も柔らかかったのを覚えています。
受付で合同葬で申し込み、料金は14000円だったかと思います。その後、お坊さんにお経を読んでもらい、焼香をあげ、火葬場に移動して最後のお別れをしました。
火葬には1時間程度かかり、その間は個室の待合室で待っていました。
火葬後は骨を拾い、自宅へは持ち帰らず、お寺に納骨することに決めました。その方が、愛犬も安心できるし、天国で友達もできると思いました。

お寺にはたくさんの人が毎日お参りにきて、食べ物や飲み物をお供えしていきますので、愛犬も天国でお腹をすかせることはないと思っています。
天国では元気に走りまわっていてほしいです。

ペンネーム:コッペパン(PC HPOebug) イヌ(ミニチュアダックス) 投稿日:2015/5/18(利用年月 2015年3月4日)

木々が生い茂り、土があり、少しでも自然が感じられる環境で眠ってもらいたい思いがあり、こちらを選びました。

受付担当のスタッフさんは、対応がとても良い方とカチンとくる方といらっしゃいました。
葬儀当日の受付にて、亡骸を「そこに置いて下さい!」と言われたのがショックでした。
まるで物に対して発せられるような言い方でした。
その方以外は、とても丁寧な対応をして下さったので安心感はありました。

個別葬儀で読経をして頂き、火葬は合同火葬にして頂きました。
同じ敷地内に火葬施設があり、責任持って対応して頂けました。
納骨は、合同慰霊碑にお納めをお願いしました。
納骨は、他の数組のご家族様と同時でした。
皆様、思い思いに亡くなったペットの好物をお供えされていました。
こんなに愛されているペットたちと一緒に納骨となれば、きっと嫌な思いをすることは無いだろうと思えました。
もしかしたら、良いお友達ができるかもしれないと。

お坊さんは動物がお好きな方が多いのでしょうか。
境内を移動中、境内で飼われていると思われる動物たちを撫でていらっしゃるお姿が印象的でした。

時々、慰霊碑に手を合わせに足を運びます。
その度に、他の参拝者の方々をお見かけします。
慰霊碑はいつもお供え物でいっぱいです。
「いつも誰かしらが訪れ、手を合わせてくれる」そう思うと、眠るペットたちは寂しくないだろうと思えます。

境内はほとんどが舗装されていない認識で履物を選ばれた方が良いです。
ヒールの高い靴や、汚れると厄介な靴はおやめになった方が無難です。

ペンネーム:あきは(PC tNaSoMn) その他(ジリス) 投稿日:2015/4/4(利用年月 2014年06月15日)

H23年7月の夕方、名古屋市内の動物病院で飼っていた猫が亡くなりました。放心状態だった私に動物病院の医師は『長楽寺動物霊園』を紹介してくださりました。『動物専門のお寺で、お葬式、供養など懇切丁寧にしてくださりますよ。』と・・・人とは違い動物の死後など考えたこともなく帰宅後言われるままに長楽寺動物霊園に連絡をしました。スタッフの方は悲しんでいる私に親切にもお迎え(引取り)の日や時間、合同葬にするか個別の埋葬にするかそれぞれにかかる費用などゆっくりと詳しく教えてくださりました。そしてお迎えの当日丁寧に棺に入れてくださりお寺にて埋葬(合同葬)してもらいました。お寺では種類もありますが私の飼っていた猫が眠っている証?人で言う位牌の代わりでしょうか短碑を(費用あり・更新あり)作ってもらい、その後も四十九日、一周忌と命日にはお寺からはがきでの連絡が届き、長楽寺動物霊園へと足を運びます。

ペンネーム:m0109(PC PkvTeSM) ネコ(雑種) 投稿日:2015/2/7(利用年月 H23年7月22日)

初めて飼った犬が10年という短い命でこの世を去ってしまいました。
家族みんなとても悲しみ、しっかりと供養してあげたくて長楽寺さんにお願いしました。
個別のお墓を作っていただくことや、お骨を持ち帰ることもできましたが、私達は他のペット達と合同のお墓に供養してもらうことにしました。
しっかりとお経を読んでいただけ、私達も大好きなわんちゃんへ悔いのない最後のお別れができました。


それから毎年命日には合同のお墓にお参りに行っています。
施設も初めて訪れたときよりきれいになり、スタッフさんも毎回とても親戚です。

ペンネーム:あんこ(PC XwnTYsa) イヌ(シェットランドシープドッグ) 投稿日:2015/1/31(利用年月 1999年11月15日)

ここには何年も前からお世話になっています。去年は19歳で亡くなった雄猫、愛理の葬儀をお願いしました。

亡くなった時間が16時過ぎということもあり、長楽寺さんに着いたのは受付時間ギリギリでした。
一昨年もお世話になったのですが受付の方はその事を覚えていて下さり、「辛いですね」と言ってくださった時には涙が溢れました。
お経をあげてもらい、最後のお別れになるとスタッフの方が箱を開けて下さいます。愛理が眠る箱の中には沢山のお花と大好きなご飯。それからいつも使っていたお水入れと私の書いた手紙が入っていました。それを見たスタッフさんは「こんなに沢山のお花に囲まれた愛理ちゃんはとても幸せですね」と言って下さいました。

合同の為、火葬に立ち会う事は出来ませんでしたが、次の日の朝、留守番電話に火葬が終わりましたと連絡が入ってました。ここのスタッフさんは本当に動物の好きな方ばかりが働いてます。
対応も丁寧なのでこちらにお願いできて本当に良かったなと思っています。

ペンネーム:まみ(PC epCRbKy) ネコ(雑種、日本猫) 投稿日:2014/12/10(利用年月 2013年11月4日)

もう8年ほど前の話になります。
急激に冷え込んだ日に可愛いうさちゃんが亡くなってしまいました。家が近かったこともあり、翌日こちらを訪れましたら、全日の気温の急激な変化や日曜日ということもあり、とても沢山の人が見えていてビックリしました。受付では待ち時間もあるほどでした。
私は個別ではなく、値段的に一番安価である合同火葬と合同墓地を選びました。合同ですと、最期のお別れのあとは全てお任せですし個別のお墓に参れないというのは、やはり淋しい気持ちもありますが価格的にやむを得ずでした。
数日後、火葬された旨の丁寧なお手紙が届きました。それは今でも大切に保管しています。
それ以降も時々、ふらりと立ち寄っては手を合わせに行きました。 不思議と心が落ち着く場所です。
夏場はとにかく蚊に食われますので虫除けされた方がいいかと思います。野良猫が沢山住み着いているようで、ペットを失った私にとっては本当にすごく癒しになりました。

ペンネーム:ふーちゃん(PC nPcJLEm) ウサギ(雑種) 投稿日:2014/10/14(利用年月 2007年1月13日)

実際にペットが亡くなった時に利用したのは長楽寺動物霊園さんです。
自然もたくさんあるし名古屋市ではとても有名な場所なだけあって、ちゃんとしていました。
ペットの葬儀屋さんも数が多い地域もあり、どこを選べばいいのかわからない場合もありますが
ここを選んで良かったです。しっかりと葬儀してもらえたので感謝しております。
※ペットの葬儀を常駐の僧侶が厳粛な形で行います。

ペンネーム:こころ(PC lMqnYUn) イヌ(ダックスフント) 投稿日:2014/8/26(利用年月 2008年5月25日)

とってもかわいがっていた猫の葬儀に、名古屋市南区の長楽寺動物霊園を選びました。
猫とはいえ、私にとっては家族同然。人間と同じように手厚く弔ってあげたい気持ちでいっぱいでした。
お寺や施設はとてもきれいで、スタッフの方も親切で温かい方ばかりでした。
火葬で個別立会葬は、人間と同じように、生前使っていたおもちゃや、愛用していた敷物、好きだった食べ物を御燗の中に入れ、最後にたくさんのお花も入れました。最後のお別れのための時間や、火葬してもらっている時の待合個室も用意されています。
料金は、火葬、個別立会葬で39500円。そのほかに、骨壺や、必要であれば納骨のための費用、年会費などもかかります。お骨をご自分の家に持ち帰る人は必要ないでしょう。
こちらには、たくさんの動物が眠っていますので、安心して守ってもらえます。法要に行った際には、待っている間、同じように弔ってもらった他の方々ともお友達になって、生前の楽しかった思い出話をすることも多々あります。お寺の敷地内にはたくさんの猫や犬を保護して、新しい家族の元へのマッチングをする譲渡会という会の開催もされています。このような温かい気持ちになれるお寺で供養できたことはとてもよかったと思っています。

ペンネーム:aria(PC GBRMftM) ネコ(雑種 白) 投稿日:2014/6/12(利用年月 2007年12月)

ある夏、可愛がっていた猫が亡くなった。
てんかん持ちでいつも危ういことばかりする子だったが、家族の皆に愛されていた。
その時に家族が提案した「お葬式をしてあげよう」との一言で筆者はネットを使用して動物霊園を探した。
そんな折、目に止まったのが長楽寺動物霊園だった。
車でのアクセスが容易だったため、すぐに電話をかけて日取りを決めた。
家族総出で猫を抱え、アクセスマップにしたがって現地へと向かった。
遺体を抱えて受付を済ませると、係の人が丁重に預かりますと言ってくれて、家族皆で泣きながらお別れを言ったことを覚えています。
皆で読経を聞き、ペットの名前が読み上げられると涙をこらえることが出来ませんでした。
読経が終わると丁寧に棺桶に入れられた”家族”を抱え、火葬場へと案内されました。
幾つもの墓石が並び、遺族の方が何組も墓前にペットフードやお花を添えていました。
人のお墓と遜色ない立派なものでした。
清潔感のある火葬場へ着くと、いよいよお別れなんだなと思い知りまた涙を流しました。
棺桶を開けて、皆で最後に撫でてあげました。
冷たくなってしまったけれど、どこか柔らかい表情が印象に残っています。
お別れを済ませると、係の人もお悔やみの言葉とともに釜へと入れてくれました。
家族の皆が火葬場の中に残るなか、筆者は外へと出ました。
火葬場から伸びる煙突の先からは白い煙がのぼっていました。
火葬が終わり遺骨を取り出してもらい、箸を使って骨壷に収めました。
変わり果てた家族をみて、思い思いの言葉をかけながらお別れを告げました。
ふと思い立ち、係の人に「家族を連れて帰ってもいいですか」と聞きました。
答えは返ってきませんでしたが、何も言わずに箸を手渡してくれて後ろを向いてくれました。
一言「ありがとうございます」と伝え、家族皆で一欠片ずつ骨を取り、お守りとしました。
本当はいけなかったことなのかもしれませんが、あの時の人には感謝を伝えきれません。
あの日から家族皆、小さな袋に包んだ家族の思い出を持ち歩いています。
納骨が終わり、個別の棚へと案内されて写真とともに眠りについてもらいました。
電話対応から眠りにつくまで、皆が心からお悔やみと励ましを伝えてくれました。
長楽寺動物霊園の方々の暖かさ、施設の荘厳さやお墓参りに来る方々の表情などが今でも思い出せます。
家族にお別れを伝えることを支えてくれ、悲しんでくれ、丁重に眠らせてくれた霊園には今も家族が笑って眠っています。

ペンネーム:百舌鳥(PC LteWLCx) ネコ(雑種) 投稿日:2014/5/17(利用年月 2010年7月頃)

フィラリアで9年飼っていた犬が1週間寝たきりの末、死んでしまいました。

私が小学生のときから初めて飼った犬だし、私がフィラリアの薬を飲ませなかったので、罪悪感から火葬することにしました。


とりあえず、当時はペット霊園が少なかったので、電話帳で調べ、ようやく見つけたのでそこに持ち込みました。


段ボールに遺体を入れ、普通に人間のお葬式のように、好きな物を入れたり、お坊さんがお経を唱えてくれたりと、20分くらいのお葬式でした。

その後、骨壺にいれてくれ、いろいろコースがあったのですが、私は年4000円を支払い、お参りに行きたいときだけいけるよう、合同葬はしませんでした。

合同葬は格安なようですが、お葬式は25000円位しました。


毎年はがきが来て、丁寧でしたが、結局10年くらいして合同葬のお墓に、土に返してもらいました。

ペンネーム:しろちゃん(PC xAxPLpL) イヌ(雑種) 投稿日:2014/2/9(利用年月 2001年12月14日)

我が家の猫が亡くなり、火葬をしてもらうところを探そうと、インターネットで検索してみました。
すると、意外と我が家から比較的近い所に、ペットの火葬や葬儀を専門で行っているお寺があるのを見つけました。
後から知り合いに話したら、そこはとても有名な所だそうです。
猫が亡くなったのは、深夜でしたが、この日は蒸し暑く体が傷んでしまうまえになるべく早く火葬してあげたいと思い、翌朝一番で出かけることにしました。
ペットの葬儀にはけっこうお金がかかるというのはなんとなく知っていたので、銀行に寄ってから出かけようかとも思ったのですが、ホームページを見ていたらクレジットカードで決済ができるとあり、そのまま出かけることにしました。
猫は、家にある段ボールの箱に布団とおもちゃと共に入れておきました。
朝一番でもけっこう混んでいて、受付の前には私の前に5人も並んでいます。
しかし、事務の人が3人で対応しているので、それほど待ちませんでした。
受付で、葬儀や火葬の方法を料金なども含めて説明があり、我が家では合同火葬をお願いしました。
料金は、13500円でした。
遺体の入った箱は、置き場に置くと華やかな刺繍を施した布をかけてくれます。
火葬は合同でも、お経だけは1頭ずつあげてもらえるので、我が家の猫もお経をあげてもらい、花を手向けてお別れをしました。
その後は、お茶券がもらえて、葬儀場の隣にあるお茶室で、甘酒、コーヒー、紅茶から好きなものを飲んで過ごしました。
その茶室が、暖炉のようなものをぐるっと囲んだ円形の椅子があり、他の人たちと顔を合わせて座ることになります。
私の子供が1歳で皆に愛想を振りまきにいったこともあり、涙に濡れていたその場が少しだけ明るい雰囲気になり、他のご家族と一緒に亡くなったペットの思い出話をして過ごすことができました。
皆さんのお話を聞いていると、人間と同じように、初七日、四十九日とお経をあげに来られる方もいらっしゃるようでした。
施設は比較的新しいのかとてもきれいですし、サービスもペットとのお別れをする場としては良かったのではないかと思います。
料金は高めかなと思いましたが、スタッフの数が多く対応も良かったですし、施設も立派だったので仕方ないかなという印象です。
他にもまだ猫がいるので、次に誰かが亡くなった時にも利用するつもりです。
今では、亡くなった猫のお参りには、合同火葬された子が埋葬される墓に時々参っています。

ペンネーム:ちゃるにゃんこ(PC SEwdfQN) ネコ(雑種) 投稿日:2014/2/5(利用年月 2013年5月15日)

口コミを投稿する

PAGE TOP
Copyright (C) ペット葬儀マップ All Rights Reserved.