うさぎの老化

【2016/9/12】

「うさぎの老化」

あまり考えたことありませんでした・・・(>_<)

でも、命あるもの“老い”は必ずくるものですね。

うさぎはいつまでたっても可愛い産まれたてのイメージがありますが、やはり、飼い主さんとしては、自身のうさぎがシニアになっていく事を理解し、対応してあげると、お互いに生活しやすくなりますね♡

5歳を過ぎたころからチェック(下記)してみてください。

 

【性格】
☐頑固になった
☐色んなことを面倒くさがる

【食餌】
☐食餌量が減った
☐偏食になった
☐牧草、フードの好みが変わった

【目】
☐目やにが多い
☐涙が出る(目の涙管がつまる)

【運動】
☐動き回らなくなった(ボーっとしている)
☐へやんぽの時間が短くなった
☐動きがゆったりになった

【体調】
☐おなかの調子が不安定
☐換毛のタイミングがずれてきた
☐寒がりになった

【体の変化】
☐やせた
☐太った
☐毛ヅヤがなくなった
☐首の位置が下がる
☐筋肉や脂肪の量、皮膚の張りがなくなった
☐白内障
☐おとなしくなった
☐足腰が弱くなった

 

どうですか??

もし、足腰が弱ってきたなと思ったら、まずは部屋の中のインテリアを変更してバリアフリーにしてあげたりするなど、出来ることからサポートしてあげましょう。

また、筋力が衰え、段差があるようなケージの出入り口は苦手になるので、スロープをつける、足元にフカフカのマットを敷く、トイレを無くしてトレーやシーツに直接うんちやおしっこをしてもらうスタイルに変更する、などの対応もオススメです。

詳しくは(http://sippolife.jp/issue/2016090500001.html)

 

【2016/9/12】

PAGE TOP