お魚の年齢(^_^)

【2017/6/2】

私の仕事場の水槽には、とても大きな金魚がいます。

「何年くらい生きているのですか?」

とよくお客様に聞かれます。

この金魚を持ってきた人は、もう退職していていないので、年齢は分かりません(-_-)

 

 

生き物の種類によって調べる方法は違うみたいですが、

魚の場合は、耳石(耳の中にある石のような硬いカルシウムの固まり)やウロコなど、体の一部を調べることで年齢が分かる場合があるそうです(^_^)

耳石やウロコは、体の成長とともに成長します。

成長のスピードは季節によって違うため、成長が遅い時期と早い時期が交互に繰り返されてウロコ表面や耳石の表面や横断面に木の年輪のような模様ができ、これを数えることで年齢を調べることができるそうです。

ちなみに、サメやエイなどは耳石やウロコが使えないのですが、代わりに背骨を使って年齢を調べることができます。また、クジラの仲間は、耳あか(耳垢栓)や、歯を使って年齢を調べることができます。

 

なかなか素人では、魚の年齢を調べる事は難しそうです…

 

 

 

 

 

 

【2017/6/2】

PAGE TOP