カメレオンの舌

【2016/6/27】

カメレオンは獲物を捕る時、長い舌をむちのように振り捕獲します。

自身の体重の3分の1までの重さの獲物を舌で捕らえることができるそうです!

その舌について、長年にわたり広く研究が行われてきました。

しかし・・・

「どのようにして、獲物をつかんだままの舌を素早く元の口の中に戻せるのかということ」

この問題については謎のままでした。

 

ベルギーとフランスの研究チームが20日に発表した研究結果によると、謎の答えは、舌先にある粘着性の粘液だといいます。

英科学誌「ネイチャー・フィジックス(Nature Physics)」に掲載された研究論文の共同執筆者で、ベルギー・モンス大学(University of Mons)のパスカル・ダンマン(Pascal Damman)氏は「この粘液は粘度が非常に高く(人の)唾液のほぼ1000倍に達することが分かり驚いた」と話しています。

そんなに強力な粘着力で捕獲した獲物は口の中で離れる事ができるんでしょうか・・・(>_<)

 

 

 

 

【2016/6/27】

PAGE TOP