ゲラダヒヒ

【2017/4/1】

世界で唯一生き残った草食のサル「ゲラダヒヒ」。

今現在は、アフリカのエチオピア高原にしか生息していません。

数百万年前には、同じゲラダヒヒ属のサルたちはアフリカ南部からイベリア半島、インドにまで生存していましたが、気候変動の影響や、ほかのサルとの生存競争、初期人類による狩猟などが原因で、ゲラダヒヒ以外は絶滅に追いやられたと考えられています。

(ナショナルジオグラフィック記事より)

 

このゲラダヒヒの絶滅を防ぐには、

食料となる「草を守る」ことです。 

この世に誕生した生き物たち…

私たち人間も含め、共存していくことが大切ですね。

 

 

 

【2017/4/1】

PAGE TOP