コガタペンギン

【2016/3/1】

ペンギンの中で最も小さいコガタペンギン。

体長は約40cm、体重は約1kgしかありません。可愛いですね~♡

 

しかし、このペンギンに今、危機が迫っているかもしれないというニュースがありました。

 

海水温の上昇により、コガタペンギンの餌探しが困難になるおそれがあることが、最新の研究により指摘されました。

コガタペンギンの多くはオーストラリア東岸および南岸沿いの島々にコロニーをつくって暮らしています。

コガタペンギンが生きていけるのは、熱帯から南下してきた強力な東オーストラリア海流が春になると海底をかき混ぜるおかげです。

海の底にたまっていた栄養分が巻き上げられ、プランクトンが湧き、イワシが集まり、そして、コガタペンギンがイワシを食べます。

この餌となるイワシが、海水温の上昇によりコガタペンギンの生息地にやってこない可能性がでて きてるといいます(>_<)

(イワシの好む水温の幅は非常に狭いため・・・)

そのため、遠くまで餌を求めて移動しなくてはいけません。

かなりの危険を伴います。

 

地球温暖化現象はさまざまな場所で異常な現象を引き起こしています。

1人1人がこの問題に耳を傾け、皆で地球を守っていかないといけないですね!

 

【2016/3/1】

PAGE TOP