コミミイヌ

【2017/7/14】

「コミミイヌ」その名のとおり、耳が小さい犬。

歯が大きく、噛む筋肉が発達している為、顔が大きく、その両脇にちょこんと耳がついています。

 

アマゾン熱帯雨林 (ペルー・ボリビア・ブラジル・コロンビア・エクアドル・ベネズエラ) に生息しており、滅多にお目にかかれない幻のジャングル犬と言われています。

詳細な生態は分かっていません。

 

そのコミミイヌの親子が密林の中を移動する姿を生態科学者によって撮影されました。

詳しくは

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/041700143/?ST=m_news

 

このような一連の写真が撮れたのは、おそらく初めてだそうです。

科学者たちは、数週間、密林を何キロにもわたってかき分け、100台以上のカメラを格子状に設置し、何かが動いたり、温度が異なるものを検知したりすると、カメラのシャッターが切られるように設定し…

と、気の遠くなるような作業が行われていました。

 

生き物たちの生態系を調べ、守り続ける事は、強い心と、忍耐力が必要ですね…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【2017/7/14】

PAGE TOP