サメ襲撃事故 2015年は過去最多

【2016/2/15】

米国の大学が9日発表した記事によると、

2015年に起きたサメに人間が襲われる事故は、世界で98件に上り、

過去最高となってしまいました。

 

1958年からサメの襲撃に関するデータを収集している米フロリダ大学(University of Florida)の「国際サメ被害目録(ISAF)」責任者、ジョージ・バージス(George Burgess)氏によると、死亡事故はこのうち6件のみだったと話しています。

これは過去10年間の平均的な数字でした。

 

昨年は、エルニーニョの影響で海水温が上がり、

海を訪れる人の数も多かったのが原因とされています。

地球温暖化現象が目に見えて各地に異常現象を起こしています・・・(>_<)

旅行などに行かれる際には、その場所での情報収集をお忘れなく!

【2016/2/15】

PAGE TOP