ゾウの「はな子」銅像完成

【2017/5/7】

昨年5月に国内最高齢の69歳で亡くなったアジアゾウの「はな子」の銅像が完成し、東京都武蔵野市の吉祥寺駅北口の駅前広場で5日午前、除幕式が行われました。

制作費は約1360万円。

約1800万円に達した募金で賄われ、

はな子の生まれ故郷のタイからも寄せられたそうです(^_^)

 

銅像は、鼻を曲げて右前脚をちょこんと上げています。

これは、はな子が生前、なじみのお客さんだけに見せたというお決まりのしぐさだそうです。

 

はな子が戻ってきました♡

これからもずーっと見守っていてくれますね♡

 

 

【2017/5/7】

PAGE TOP