ダイオウキジンエビ

【2016/9/9】

いわき市にあるアクアマリンふくしまは8日、同館が論文で発表したエビの仲間「ダイオウキジンエビ」が新種に認定されたと発表しました。

同館にて9日から、世界で初めて展示がはじまります!

アクアマリンふくしまのホームページ

(http://www.marine.fks.ed.jp/news/animal/2016/2016animal-daio.html)

によると・・・

ダイオウキジンエビの一番の特徴は眼球後方の頭胸甲(いわゆるエビの頭)に他のキジンエビ属の種には無い棘(トゲ)を持つことです。

さらに、全長25cmに達し、約220種が知られるエビジャコ科としては世界最大です。

その大きさから、種小名をrex(=king:王の意味)、新種の標準和名はダイオウキジンエビ(新称)と命名されました。

このような大型のエビが新種で見つかるのは、極めて珍しいとのことです。

 

現在は世界でも北海道知床や釧路沖でしか生息が確認されていません。

飼育温度が1~3度が適温で、採取が難しく、過去の展示例が無い為、お早めに見に来てください!!との事です(≧◇≦)

 

 

【2016/9/9】

PAGE TOP