ペットとのお別れ

【2015/1/31】

かわいがってるペットとの別れなど考えたくありません・・

医療の進歩により、年々ペットの寿命が延びてきたとはいえ、

老衰、病気、事故・・

いずれしても、「その日」は必ずやってきてしまいます。

ペットロスから早く立ち直るためにも、自分(家族)が、

ペットとどんなお別れをしたいか

どんなおくり方だったら後悔しないか

などを考えておく事が大切です。

ペットの葬り方について、事前に知識があれば、直面したときにうろたえてしまう事も少ないと思います。

 

現在、ペットの葬儀スタイルも人間同様、年々多様化しています。

 

■飼い主が火葬施設を備えた霊園に持ち込むケース

■飼い主が立ち会わず、遺体を引き取ってもらい、遺骨を届けてもらうケース

■移動火葬車がやってきて、車載された炉で訪問火葬を行うケース

■本格的な祭壇を設け、通夜も行うケース

 

また、オプションで読経を頼めるところもあります。

 

飼育に届け出が必要な動物は、亡くなった際にも届け出が必要です。

どんな手続きが必要か、居住している市区町村に問い合わせ、確認しておきましょう。

 

【2015/1/31】

PAGE TOP