ペットを売らない? ペットショップ

【2015/3/1】

東京・北参道の一角に、元気な猫や犬たちのいるお店『ミグノンプラン』があります。

http://mignonplan.com/

1階のサロンはペットのグッズやフーズの販売のほか、トリミングなどができるスペースがあり、

2階には動物病院が入るおしゃれな複合ショップです。

一見、ペットショップのようですが、少し違います。。。

ここは動物愛護相談センターから救い出してきた保護動物を一般の人に譲渡するお店です。

代表の友森玲子さんは、動物病院勤務を経て、2002年『ペットサロンミグノン』を杉並で開業。

2007年より、サロンを運営する傍ら、動物の保護活動にも力を入れ、東日本大震災後は、被災地に残された動物たちの保護活動も積極的に行ってきました。

この動物譲渡のお店『ミグノンプランをオープンしたのは、お店のビルの建て替えという物理的理由に加え、以前から友森さんの活動を応援してくれていたコピーライター糸井重里さんの言葉だったそうです。

「保護動物が格好良くみえて、ペットショップに負けないようなお店を作ったら? きっと応援してくれる人はいるよ」その糸井さんの言葉が後押しをしてくれました。

動物の保護活動は、単に動物愛護相談センターから動物を譲ってもらってくるだけではなく、

診察をし、病気があれば治療をし、避妊手術なども施し、ワクチンを接種するなど・・・

1匹の保護動物を譲渡できる状態にするまでには、医療費などが想像する以上にかかります。

友森さんは、その頃、保護した動物を短期的に預かっておくシェルターなどを各所に持っており、そこへ通う移動時間やボランティアの負担も気になっていたそうです。

そこで、糸井さんらの協力もあり、動物病院や動物を保護するシェルターなども1箇所にまとめた新しいサロンを構えることにし、時間的にも経済的にも効率化をはかり、実質的に保護活動にかける時間に余裕をもとうと考えました。

そして、2014年5月、譲渡動物のためのお店『ミグノンプラン』が誕生しました。

(箕輪 弥生さんの記事より抜粋)

 

この記事を読み、とても興味がわきました。素晴らしいですね・・・♥

私も、是非、足を運びたいと思います。

【2015/3/1】

PAGE TOP