マダニ感染症の猫

【2017/7/24】

厚生労働省によると、24日、草むらなど野外に生息するマダニが媒介する感染症に感染した猫にかまれた女性が死亡したとの発表がありました。

厚労省は同日、都道府県や医師会などに注意を喚起する通達を出しています。

ダニ媒介の「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」で、哺乳類を介して人が死亡したことが判明したのは世界で初めてとの事です。

 

死亡した女性(50代)は、弱った野良猫を保護しようとし、近づいた際に噛まれてしまったそうです。

女性に重大な持病などはなく、約10日後に死亡。

半年後に感染研が女性の検体を受けて精査したところ、猫を介してSFTSを発症した可能性が高いことが分かりました。

 

最近のニュース…目に見えにくい小さい生き物たちの力の大きさに驚いています。

愛犬を散歩している時にも、普段は気に留めないアリや蚊などに過剰に反応している自分がいます。

 

森や、草木の多い場所へお出かけの際には、充分にお気をつけください。

 

 

 

 

 

 

【2017/7/24】

PAGE TOP