モンスターペイシェント

【2017/10/11】

モンスターペイシェント(モンスター患者、怪物患者)がペット業界に急増中している…みたいです(>_<)

よく、教育現場などで教師に理不尽な要求をつきつける親を“怪物”に喩えて「モンスターペアレント」と呼ぶのと同様、ペット病院においても飼い主からのありえない発言、行動をされ困り果てている獣医さんが多いそうです。

 

詳しくは

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13595959/

 

ペットは、当然の事ながら言葉が話せません。

その分、飼い主の勝手な解釈でペットの気持ちを代弁してしまいがち…なのかもしれません。

勿論、いつも一緒にいる飼い主が、ペットの1番の理解者だと私も思いますが…(=^x^=)

 

助けを求めて病院に来ている場合は、どうでしょうか?

(明らかに雑な診断をしている獣医は論外ですが)

獣医さんは、あなたのペットを助けようと、細心の注意をはらい、最善の方法を伝えてくれているはずです。

私たち人間でも、同じ薬を服用しても効果が出る人とそうでない人がいます。

ペットも同じです。

検査…検査で、中々結果が出ずに治療費がかさむ事もしばしばですが、私は、かかりつけの獣医さんと相談しながら愛犬を守っていきたいと思います(-_-)

 

 

 

 

 

 

【2017/10/11】

PAGE TOP