ラッコの展示終了(サンシャイン水族館)

【2016/1/29】

池袋のサンシャイン水族館にいるラッコの展示が2月29日をもって終了するそうです(´;ω;`)ウッ…

 

「ラッコブーム」が日本で起きていた1984(昭和59)年から展示を開始し、30年余りにわたって行っていたラッコの展示ですが、同館のラッコのミール(雌、推定年齢13歳)が1月7日に永眠し、繁殖目的で同館に来ていた雄ラッコのロイズが他館に移動することを機に展示を終了。。。。

 

それに伴い、同園では現在「ありがとうラッコ ~30年間の感謝を込めて~」を行っています。

ラッコの希少性を記したパネルを展示。

グッズショップ「アクアポケット」でラッコ関連商品のコーナーを展開。

2月1日からは、過去のラッコたちの映像の上映や、館内のカナロアカフェで「ラッコのオリジナルコースターが付いたラッ氷ドリンク」を販売。

ラッコ展示の最終週となる2月22日~29日には、来場者にオリジナルポストカードの進呈を予定。

 

かつて、ラッコの展示でにぎわっていた水族館も2016年には10施設14頭まで減少してしまったそうです。

理由として下記のように記されています。

国際的な保護の機運が高まったことで、ラッコ生息地より新しいラッコの日本国内への輸入が途絶えました。

当館も含め、国内のラッコを飼育する各水族館はラッコ繁殖のためにあらゆる手を尽くしておりますが、徐々にラッコの展示個体数が減少している状況です。

(http://www.sunshinecity.co.jp/aquarium/information/i454.html)

 

あの可愛いラッコたちが見られなくなるのは寂しいですね・・・

 

【2016/1/29】

PAGE TOP