ワニとの自撮りで足を噛まれる

【2017/1/4】

タイの国立公園で1日午後、ワニと一緒に「自分撮り(セルフィー)」をしようとしたフランス人観光客の女性(47)が脚をかまれ負傷する事故がありました。

事故が起きたのは、首都バンコクから北に車で3時間ほどの距離にあるカオヤイ密林の中を歩く、ハイキングコースや滝が有名な観光地です。

小川のほとりに横たわっていたワニと一緒にセルフィーを撮ろうとしたところ、ワニが驚き、脚にかみついたとの事(>_<)

女性がかみつかれた場所は、2匹のワニが何年もすみかにしており、危険を知らせる標識が設置されていました。

 

ワニは、噛み付くと離さずそのまま川に引きずりこみ、命まで奪う危険な生き物です。 

今回の方は、命に別状はないとの事なので、

いえば、不幸中の幸いです。

 

自分撮りや自撮り棒などでの事故が増えています。

危険な場所での撮影は、ひとつ間違えば命に関わります。

お気をつけください。

 

 

 

【2017/1/4】

PAGE TOP