上野のパンダの赤ちゃん「雌」と判明

【2017/6/26】

上野動物園で、ジャイアントパンダの雌シンシン(11歳)が産んだ赤ちゃんの3回目の身体検査を実施した結果、性別が雌と判明したと23日発表がありました。

健康状態は良好だそうです。

 

パンダの赤ちゃんが産まれてから、連日ニュースで放送されていますね♡

生まれたての頃…あまりにも赤ちゃんが小さいので、シンシンが踏んでしまうのではないかとヒヤヒヤしてました。

でも、踏まれないように(諸説ありますが…)、大きな産声をあげて、自身の存在を知らせていましたね。

飼育員さんいわく、シンシンと赤ちゃんに関しては

「見守るしかない」

という事で、だれも助けたり、補助したりする事はできないんですね。。

 

でも、素人の私から見ても、

シンシンは、ちゃんと赤ちゃんを育てていますね♡♡

お腹の上にのせて落ちないように優しく支えている姿…

とても愛情をかんじます。

 

赤ちゃんパンダは、うっすらと、黒い模様が見えてきていて、成長の過程が伺えますね〜

 

会える日を楽しみに待っています♡(^_^)♡

 

 

 

 

 

【2017/6/26】

PAGE TOP