亡くなった愛犬にまた会える技術…?

【2017/1/12】

愛犬を亡くし…生きる目標がなくなってしまった。

このように、世界中にはペットロスになってしまった方が多くいます。

「もし…亡くなった愛犬がまた蘇ったら?」

そう考える方も少なくありません。

韓国の研究者が発表した記事に、その「もしかしたら…」が叶うかもしれない事柄が掲載されていました。

 

◾︎まず、「代理母」となる犬の卵子からDNAを取り除き、そこに再生したい犬の皮膚や耳から取った体細胞核を入れ、電気を流す。すると卵子は、体細胞核の持つ遺伝情報にアクセスできるようになり、そこからクローン胚が発生する。それを代理母の子宮に着床させれば、あとは通常の妊娠と同じ。代理母の胎内でクローンが育ち、やがて生まれる。

費用は1匹1千万円。

愛犬そっくりのクローン犬が産まれる為、

日本を含む国内外の愛犬家から依頼を相次いで受けているほか、世界中から軍用犬や警察犬のクローンの依頼もあるそうです。

詳しくは

http://news.yahoo.co.jp/feature/478

 

賛否両論ありますが、

私は、とても気になります。

もっと詳しく調べてみたいと思います。

 

 

 

 

【2017/1/12】

PAGE TOP