動物の不審死

【2015/10/8】

10月に入ってもなお、東京で動物の不審死が相次いでいます。

・東京都豊島区の公園で1日、生きたまま粘着テープを巻かれて、紙袋に入れられた猫が見つかりました。

・4日、東京・池袋のアパートの駐車場で、両方の前脚を切られたとみられる猫の死骸。

・5日午後6時ごろ、板橋区・常盤台のアパートの入り口で子ネコの死骸。

・同日の10時間前には、6キロ離れた北区・昭和町の住宅の駐車場で、尻尾の皮だけを剥ぎ取られたネコの死骸。

・6日午前10時半過ぎ、江戸川区・松江のアパートで、首を切断された、猫の死骸。

 

千葉県でもウサギや鳥の不審死がありました。

このような事件がこんなにも連続して起こると、不安が募ります。

早く解決して欲しいです・・・とても心配です。。

 

 

【2015/10/8】

PAGE TOP