動物園に密猟者(仏)

【2017/4/9】

動物園に密猟者…

日本ではありえない事ですね。

 

フランスの首都パリ郊外のトワリー(Thoiry)動物園では、

夜間に侵入した何者かによってシロサイ1頭が射殺され、角を奪われる事件が発生しました。

犯人は先月6日夜、住み込みの職員5人に気付かれることなく、正門をこじ開け、さらに少なくとも2か所の扉を破り侵入。

殺されたのは、国際自然保護連合(IUCN)の絶滅危惧種リスト(レッドリスト)で準絶滅危惧種に指定されているミナミシロサイで、4歳の雄の「バンス(Vince)」。

6日にサイの飼育場を後にした職員が、翌7日に戻った際にバンスの死骸を発見。

バンスは頭を3度撃たれ、2本の角のうち大きい方の角だけが盗まれていました。

角はチェーンソーで切断されていたそうです(-_-)

 

動物園にまで密猟者が進入してくるとは…

 

信じがたいニュースでした。

 

 

【2017/4/9】

PAGE TOP