北海道で鳥インフルエンザか…

【2016/11/15】

環境省は14日、北海道中標津町で7日に回収した渡り鳥のオオハクチョウの死骸1体について、鳥インフルエンザウイルスの遺伝子検査の結果が陽性だったと発表しました。

今現在も、北海道大学で確定検査中です。

同省は回収地点から10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定し、野鳥の監視を強化しています。

 

毎年やってくる、鳥インフルエンザのニュース

…(>_<)

とても不安な気持ちになります。

感染が広がらない事を願います(-_-)

【2016/11/15】

PAGE TOP