各地で「巨大淡水魚」出没(>_<)

【2016/6/30】

先月、埼玉県の荒川で、大学生が、全長91センチ、重さ12キロのアリゲーターガーを捕獲しました。

口の中には、無数の鋭い牙が生えています・・・(>_<)

愛知県・名古屋城のお堀にも、アリゲーターガーが住み着いています。。。

まだらな模様に、ワニのような口、そしてとがった歯。

体長は1メートルをゆうに超える大きさです(>_<)

 

その他の地域にも、この巨大淡水魚は出没しています。

横浜・八景島シーパラダイス・安部さんによると、

「非常にどう猛な性格でして、水槽で、少し手を動かすと、それがエサと認識されると、手にかみつくケースもありまして、飼育員も何度かケガをしたことある」と話しています。

(日テレNEWS24記事より)

アリゲーターガーは、ものすごく成長のスピードがはやく、1年間で1メートル近く成長してしまうそうです。

一般的な家庭では飼いきれなくなってしまい、たくさんの方が全国各地の色んな川に放してしまったのではないかと、専門家の方は話しています。

とくに都会の川は、温かい生活排水が入るため、生息しやすい環境だそうです。

 

これから夏休みに入り、川などに遊びに行く際には十分にご注意ください。

 

 

【2016/6/30】

PAGE TOP