喫煙がペットたちに与える影響

【2016/1/2】

2015年度の喫煙率は、2014年に比べ、男性が0.7%増加の31.0%、女性は0.2%減少で9.6%との結果が出ています。

男女合わせた全国平均は19.9%になり、5、6年前などから比べると喫煙率は減ってきているようです。。

 

私たちの生活空間にも禁煙・喫煙のスペースが区別されている場所が多いので、それぞれのスタイルに合わせて生活しやすくなっているのではないでしょうか・・・

 

しかし、喫煙者のもとで暮らす、たばこの煙にさらされているペットは、動物のがんや細胞損傷、体重増加など、健康に問題が生じるリスクが高く、呼吸器系のがんに侵されていたとしても、ペットは、人間みたいに初期で発見する事はできません。。。
発見した時には、かなり進行が進んだ状態になっています。

 

愛煙家の皆さま

家族でもあるペットの健康維持に気を付けてあげてください。

 

【2016/1/2】

PAGE TOP