埼玉県北本市で殺虫剤入りのパン発見

【2017/5/5】

1日、埼玉県北本市栄の団地敷地内の道路や植え込みなど直径約100メートル範囲に、カラスの死骸13羽とパン切れが落ちているのを住民が発見しました。

その後も県中央環境管理事務所が死骸5羽とパン切れを確認。さらに、北本市が死骸1羽を確認。

もう1羽はすでに住民が処分していました。

 

原因特定のため、回収した19羽のうち12羽の死骸とパン4切れについて、化学物質検査をしたところ、カラスの胃とパン切れの全てからシアノホスが検出されました。

鳥インフルエンザ簡易検査は全て陰性でした。

 

お近くにお住いの方…

小さいお子さんと外出される時には、充分にご注意下さい。

死骸を見つけても、けして触らない様にして下さい。

 

 

 

 

 

【2017/5/5】

PAGE TOP