幸せの青いカニ

【2015/10/11】

大分マリーンパレス水族館「うみたまご」では、

「幸せの青いカニ」と題して青いガザミを公開しています。

同水族館によると・・・
このガザミは、7月30日、国東半島北部・香々地の
羽迫 晃氏の刺し網にて捕獲されたもので、
8月3日に大分県農林水産研究指導センター様より当館に寄贈されました。
本種は、甲羅の幅が15cmを超える大型のカニです。
甲羅はふつう黄色がかった茶色をしていますが、
今回寄贈された個体は、
殻に含まれるカロテノイドの量により全身が青くなったものです。
このような個体は全国でも報告例が非常に少なく、
大分県内では初めての報告となります。
是非この機会に大変めずらしく美しいガザミの姿どうぞご覧ください。
との事です(^^)/
もしかしたら、「色があせてくる可能性もある」みたいなので、この機会に行かないともう見れないかもしれませんね・・・( ゚Д゚)!!

【2015/10/11】

PAGE TOP