幻のヨウスコウカワイルカ

【2016/10/14】

個体数の維持・回復能力を失った「機能的絶滅」を10年前に宣言されたヨウスコウカワイルカが今月、中国東部の長江で民間の保護活動家が目撃したと報じられました。

まだ裏付けはないものの、この目撃報告が本当なら、生物学者たちにとって衝撃的なニュースになります。

この白いイルカは小型で目がほとんど見えません。

2000万年にわたって長江に生息し、「長江の女神」と呼ばれていましたが、2000年代初めにほぼ姿を消してしまいました。

2006年、研究者たちが6週間かけて調査しましたが1頭も確認できず、「機能的絶滅」が宣言されました。

(ナショナルジオグラフィック日本版記事より)

絶滅したものを覆すには、決定的な証拠が必要です。

私は、ヨウスコウカワイルカがいると信じたいです…☆

 

 

 

 

 

 

【2016/10/14】

PAGE TOP