放棄竹林を減らすために・・・

【2016/8/24】

放棄竹林を減らすために篠山東雲高校(兵庫県)では竹の活用法を研究しているそうです(^^)

自然環境の事を考えてくれているんですね・・・素晴らしいです♬

 

神戸新聞NEXT記事に取り組み記事が掲載されていました。

☆篠山東雲高校では20日、細かく砕いた竹などで作った飼料を肉牛に食べさせる試験を丹波市氷上町中の神戸畜産氷上牧場で行いました。

この取り組みが進んで実用化されれば、放棄竹林や飼料代の削減にも役立つと期待されています。

同校はこれまでに、鶏の餌に竹を混ぜて与える実験で一定の成果を上げており、今回はより食事量が多い牛の飼料作りに挑戦。

牛用の牧草の一部に代用できるよう、タンパク質の多い竹の枝葉部分を5ミリ以下に砕き、酒かすや乳酸菌を混ぜました。

同校内で飼育する肉牛で試した後、神戸畜産氷上牧場に協力を依頼。

この日は生後9~10カ月の牛12頭の餌箱に竹の飼料を入れ、食べる様子を観察しました。

 

 

(´・_・`)生活が豊かになればなるほど、自然環境は悪化の一途をたどっていきます。

「食べ物を残さない」「余分なものは買わない」「ゴミの分別」

など、私たちにも地球を守るために出来る事たくさんありますね~♬

 

【2016/8/24】

PAGE TOP