放牧中のサラブレット2頭射殺

【2016/3/2】

2月28日午前7時5分ごろ、北海道新冠町朝日の「競優牧場」の経営者から「放牧中の競走馬2頭が死んでいる」と道警静内署に通報がありました。

牧場の柵付近には猟銃の空薬きょう3個が落ちており、2頭の頭や胴体には銃で撃たれたような痕・・・(>_<)

死亡した馬はいずれも1歳の雄でした。。

 

この牧場は「サラブレッド銀座」と呼ばれる道道沿いにあり、2014年3月の毎日杯(G3)で優勝したマイネルフロストなどを生産しています。

牧場内に侵入したシカを駆除するため猟銃を撃つこともしばしばあるとの事で、誤って撃ってしまった可能性もあるそうです。

 

とてもかわいそうなニュースです。。

 

静内署は事件と事故の両面で調査中。

 

 

【2016/3/2】

PAGE TOP