昭島市緑町のペットショップ店に業務停止命令

【2015/5/17】

東京都は先月の21日、動物愛護法に基づき、昭島市緑町のペットショップ「パピオン熱帯魚」(望月悦暢社長)に業務停止命令を出しました。

今後1カ月間、犬猫などの販売が禁じられます。

その内容とは・・・

(都によると) 昨年6月に立ち入り調査した際、パピオンは約150平方メートルの店舗で犬29匹と猫28匹、鳥210羽の他、ハムスターなどの小動物を約20匹飼育していました。

ウサギ用のケージに入れられて運動できない猫や、頭をぶつけるほど小さなケージに入れられた犬、ケージが狭くて羽ばたけない鳥などがいました。

従業員もアルバイトを含めて3人しかおらず、清掃が不十分なため汚物が放置され、臭気もあったといいます(>_<)

「犬や猫が狭いところにいる」「不潔で取り扱いが悪い」などという苦情や情報が今年3月までに、都へ約100件寄せられていました。

都は34回にわたる立ち入り調査で指導を重ね、改善命令を出しましたが、期限までに改善されなかったため業務停止処分にしました。

 

ペットショップの動物たちの安否が気になります・・・・

【2015/5/17】

PAGE TOP