栃木県で魚の大量死

【2015/10/21】

動物の不審死が相次いでいる中

栃木県那須烏山市の「大桶運動公園」では今月1日、公園の敷地の中にある池で、大量のメダカやコイやフナが死んでいるのが見つかりました。

死亡した数は、推定1100匹。県による池の水質調査で微量の塩素が検出されましたが、致死量に至るようなものではなかったということです。

この公園では、先月20日、グラウンドの陸上トラックの脇で、切断された猫の頭部や脚が見つかったばかりで、近隣住民の方の不安ははかりしれません・・・

この負の連鎖がこれ以上広まらない事を願います。

そして、外出時には、小さいお子さんを1人きりの状態にしないようにご注意ください。

こんな事を思いながら、子供を遊ばせるなんて・・・と強く思いますが。。

しかたがないですね(-_-)

解決するまでは・・・

【2015/10/21】

PAGE TOP