熊本地震で犬の迷子相次ぐ

【2016/4/19】

今だ余震が続き、不安の中にいる熊本・九州の皆さまのご無事をお祈りするとともに、

亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

 

連日ニュースで流れる「地震速報」を見て、本当に心が痛みます。

その中で時折画面に映るペットの姿もあり・・・

人間と違い、この状況を把握できないペットたちも、同じく不安で飼い主を探してさまよっているのでしょうか・・・

熊本市動物愛護センターでは、15日8時30分〜18日16時45分の間に、地震によって飼い主とはぐれてしまった犬14匹を保護。

7匹は無事、元の飼い主のところに引き取られましたが、残りの7匹はまだ飼い主がわからないそうです。

保護した猫はいないとの事。

またこの期間中、迷子になった犬猫の飼い主や、犬猫を保護をした人からの問い合わせが200件近く寄せられているといいます。

 

今回保護した中でマイクロチップをしている犬は1匹もいなかったそうです。

また、室内犬だからと、首輪もつけていないワンちゃんが多く、

「せめて首輪に連絡先があれば・・・」

と職員の方は話しています。

 

 

【2016/4/19】

PAGE TOP