犬もストレスで若白髪?

【2016/12/28】

今年もあと4日…

年末ですが、我が家ではいつもと同じ日々を過ごしています。

私が幼少の頃は

「年末年始はお店が開いてない」

と、買い出しにバタバタする両親をこの時期、見てきました。

今は、たいていのお店が開いているので、足りない物はその都度買い足せますね。

(便利になりました^_^)

 

さて、本題にはいりますが…

アメリカの研究者が、ワンちゃんの「若白髪」について発表している記事が掲載されていたので、ご紹介したいと思います。

この研究を始めた発端は数年前、コロラド州デンバーで犬の訓練施設を運営するカミーユ・キング氏が、感情の起伏が激しい犬ほど若いうちから白い被毛が多い現象に気付いたことからでした。

この話を聞いたコロラド州立大学教授のグランディン氏の勧めで研究を開始。

グランディン氏は鼻の周りの白髪の多さを4段階に分け、

全く白髪がない「0」から、

全体が白髪になっている「3」に分類。

不安感や衝動性が強いと判定された犬は、白髪の多いグループに分類される確率が40~65%高くなることが分かったそうです。

研究の詳細はこちら

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161226-35094289-cnn-int

 

毛が大量に抜けたり…

突然、身体全体の毛の色が変わってしまったりするワンちゃんがいます。

これも、何かのストレスが原因なんでしょうか…

 

言葉が話せたら…

 

いつもそう思います(u_u)

 

 

 

 

 

【2016/12/28】

PAGE TOP