犬や猫の劣悪な飼育規制へ

【2016/11/1】

犬や猫を劣悪な環境で飼育・展示する繁殖業者やペットショップが問題となっているため、環境省は今年度中にも専門家らによる検討会を立ち上げる。

ケージの大きさなどを具体的な数値で規制する「飼養施設規制」の導入を目指す。

欧州先進国では、犬や猫を飼育するために檻(おり、犬舎)やケージを使う場合、必要な広さを具体的な数値で定めているが日本にはそうした規制が一切ない。

ペットショップやフードメーカーなどで作る団体の2016年調査では、繁殖のために飼育されている犬は国内に推定約23万匹。7割以上がケージで飼われている。

(yahooニュースより)

狭いゲージの中、休む事も出来ない動物たち…

この子たちの為にも、一刻も早くこの規制が制定される事を願います。

【2016/11/1】

PAGE TOP