犬を飼うときに用意する物

【2015/1/9】

犬の飼育用品は多種多様な物が市販されていますが、ここでは、最低限用意しておきたい

道具をご紹介したいと思います。

【1】エサ・エサ入れ・水入れ

【2】トイレ・ペットシーツ

【3】ベット

【4】ケージ

■エサについて

幼犬(離乳期~1歳)には幼犬用を。

成長期(1~7歳)には成長に必要な栄養素が入ったものを。

高齢犬(7歳以上)には高齢犬用のエサを選んであげましょう。

 

■トイレ・ペットシーツについて

トイレは、専用のトレーやパレットが市販されています。

洗いやすく、敷いたペットシーツがずれない工夫をされてるものがおすすめです。

オシッコをかけるオス犬用に立ち上がりがある物もあります。

ペットシーツは吸水性が高く、床までオシッコを通さない防水加工がされています。

小型犬~大型犬用までさまざまなサイズが市販されています。

 

■ベットについて

子犬の場合はベットを噛んでボロボロにしてしまう事が多いので、「そそう」をしても惜しくないタオルを利用したりするのがいいでしょう。

体にあったものを用意してあげましょう。

 

■ケージについて

犬にも落ち着ける場所で休息する事が大切です。

子犬の時から静かにケージに入っていられる練習をしておけば、移動時や、突然の入院時、

または、人に預ける時なども、慣れてるケージであれば、犬の負担にもなりません。

【2015/1/9】

PAGE TOP