猫の不審死(東京都三鷹市)

【2017/6/21】

20日午前8時半ごろ、東京都三鷹市牟礼のアパート駐輪場に、頭部がない猫の死骸があるのを住民が発見、同市に通報しました。

刃物で切られたような痕があることから、警視庁三鷹署は動物愛護法違反の疑いもあるとみて調べています。

猫はアパートの自転車置き場に横たわっており、首輪はなし。

状況などから、何者かが頭部を切断して放置したか、動物に食べられた可能性があるとの事。 

(時事通信社記事より)

 

先日東京都大田区でも猫の不審死がありました。

わざと人目のつく場所に放置している点などを考えると、近隣住民のかたは、とても不安な日々を過ごさなければなりません。

小さなお子さんを遊びに行かせる事さえも躊躇してしまいます。

私たち大人が目を光らせ、対処していくしかありません。

【2017/6/21】

PAGE TOP