猫180匹が暮らすビル

【2016/5/22】

北九州に、180匹もの猫と暮らす女性(71)がいるそうです。

そこは、鉄筋コンクリート一部木造の2階建てテナントビル。

この2階部分の一部、約50平方メートルと、屋根裏の約100平方メートル、計150平方メートルが、猫180匹を飼育するために使われているとの事です。

 

蛍光灯とLEDで照らされ、外光はほとんど入らない部屋。

照明のない場所もあるといいます。
猫が外へ出てしまわないように、鍵付きの木製の扉で5ブロックに仕切られています。

各ブロックの中は、金網が張られた猫舎が計30ほど並び、

猫舎の中には、1匹から10匹くらいずつ、猫が収容されています。

猫舎の間の通路に放し飼い状態の猫もいて、複数のトイレ、キャットフードが山盛りの器、水をはった器が置かれています。

Sippoニュースより(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160521-00010000-sippo-life&p=1)

 

この文面だけで、猫たちのの悲痛の叫びが聞こえてきそうです。。

飼い主の女性は、これからも「これからも飼い続けたい」と話しているそうですが、

このままの閉じ込めた状態で飼育していく事は、猫たちにとっては地獄の日々を過ごす、という事。

精神状態、衛生面は言うまでもなく最悪な状態です。

 

【2016/5/22】

PAGE TOP