硬貨915枚を飲み込んだウミガメ

【2017/3/7】

タイ東部チョンブリ県で泳げなくなっていたウミガメを発見。

6日、手術を施したところ、体内からは硬貨915枚がでてきました。

ウミガメは7時間に及ぶ手術の末、無事命を取り留めました。

手術を担当した国立チュラロンコン大学獣医学部の講師によると、体長約80センチ、体重約60キロのウミガメから取り出した硬貨の総重量は約5キロ。

手術後、体重は55キロまで減り、楽に呼吸ができるようになったそうです(^_^)

タイではカメやワニに「おさい銭」を投げると幸運に恵まれるとの言い伝えがあり、動物園などでは池に向かって硬貨を投げ込む人々がいます。

これまでも硬貨をのみ込んだカメが見つかっているそうです(-_-)

 

人間の願い事の為に、

投げられた硬貨がカメに当たり…

カメにストレスを与えている事は間違いないですね。

 

 

【2017/3/7】

PAGE TOP