福岡市内で傷ついた猫確認

【2016/6/3】

福井県内で犬猫の保護や里親を探す活動をしているNPO法人「福井犬・猫を救う会」は2日までに、尻尾が根元からなくなっていたり、首に傷があったりする野良猫4匹を同市中央2丁目周辺で確認。

同区周辺は一軒家やマンションが立ち並ぶ住宅街で、4月下旬、同区の住民から「野良猫の数が増えている」と連絡を受け、同会が5月10日ごろから去勢・不妊手術のための保護活動を開始。

6月2日までに20匹を保護しました。

改正動物愛護管理法は2013年に施行され、犬や猫などの愛護動物をみだりに傷つけた場合は、2年以下の懲役または200万円以下の罰金に処されるなど、虐待に対する罰則が強化されています。

(福井新聞ONLINE記事より)

 

猫は年に数回出産するので数も増えるのが早いです。。

数匹が気づいたら何十匹にも増えている事があります。

去勢や不妊手術を行うなど、私たちと共存して生活していくためには必要不可欠です。

手間も時間もお金も・・・かかります。

1人では出来ません。

地域の皆さんで地域の猫たちを守っていくしかないですね!!

 

 

 

 

 

【2016/6/3】

PAGE TOP