秋田県の山林で熊1頭射殺

【2016/6/10】

10日午前10時40分ごろ、秋田県鹿角市十和田大湯の山林で、ツキノワグマに襲われたとみられる性別不明の遺体が見つかりました。

遺体は損傷が激しく、8日に山菜採りに入り行方不明になっていた青森県十和田市に住む自営業、鈴木ツワさん(74)の可能性があるとみて調べています。

付近での熊による死者は4人目です。

熊は午後2時ごろ、遺体発見現場付近で地元猟友会員によって射殺されました。

 

この辺りは、5月21日から22日にかけて79歳と78歳の男性が、30日に65歳の男性がいずれも熊に襲われて死亡している場所との事です。

専門家は襲ったのは同じ雄とみていました。

鹿角署は山に入る人にチラシを配るなど注意を呼び掛けていたそうですが、今回また1人の方がクマの被害に遭ってしまいました。

 

山林などにお出かけの際には、その場所の情報収集を必ず行ってください。

特に、お子さんと一緒の方は離れず同じ行動をとるようにお願いします。

【2016/6/10】

PAGE TOP