空から生き物が降ってくる(?)

【2016/5/17】

5月8日、甲子園球場で行われたプロ野球 阪神-ヤクルト戦で、阪神が攻撃中の六回、左翼を守っていたヤクルトのバレンティン外野手の近くに魚の死骸が落ちてくるという珍事があり、試合が一旦止まりました。

球場関係者によると、落下地点から見てスタンドから投げ入れられた可能性はなく、鳥が落としたものではないか?

との見解でした。

 

先日、うちの次男坊が学校の授業で、「空からオタマジャクシ」という新聞の切り抜きを持ち帰ってきました。

2009年6月の記事で、石川県内で空からオタマジャクシや小魚が降ってくる珍現象が相次いでいる。

という何とも不思議な内容でした。

「鳥が吐き出した」

「突風が巻き上げた」

などの諸説がありましたが、詳しい原因はわかっていないそうです。。。。

石川県七尾市中島市民センターの職員が確認したところ、約200平方メートルの範囲に体長2~3センチのオタマジャクシが約100匹ほどいたそうです。

その七尾市から南西に70キロ離れた白山市の駐車場に置いてある車のフロントガラスからも、20~30匹のオタマジャクシが落ちていたそうです。

 

ちなみに、うちの次男坊はこのような仮説を話していました。

「鳥が、ヒナに餌を与える為、お腹に沢山のオタマジャクシや魚を入れていて飛んでいたら、それを狙って他の鳥が攻撃してきたので、ビックリして吐き出したのでは・・・」と。

 

もしかしたら、当たっているかも・・・(≧◇≦)

 

 

 

 

【2016/5/17】

PAGE TOP