自分を犬だと思っているミニブタ

【2016/2/8】

沖縄県名護市屋我地島の運天原に、後ろ脚で顔をかくミニブタがいます。

小さいころから犬と一緒に育ってきたせいか・・・

身振りがワンちゃんそっくり!!

動画→(http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=152714)

ミニブタの名前は「ぶー子」(雄)で年齢は1歳くらい。

飼い主の島袋久美子さん(72)が「(餌はもう)ないよ」と言うと、

背中を向けてとぼとぼと歩き、「かゆいかゆい」とばかりに顔をかくしぐさをするそうです。

ミニブタを飼育しているネオパークオキナワの飼育員さんによると、

豚はかなり賢い動物で、犬ができる芸は全部できるとされていると話す反面、顔をかくしぐさは見たことがないと話しています。

ぶー子ができることは他にもいろいろあるそうで・・・

「待て」で伏せをしたり、島袋さんが10まで数えるのを相づちを打ちながら聞き、終わってから餌を食べます。

ビールが大好物で、缶を開ける音がすると飛んできたりもするそうで、

島袋さんは「もっと小さいころは後ろ脚だけで5歩くらい歩くことができた」と話ています(^_-)-☆

(沖縄タイムス記事より)

 

産まれてからの育ち方によって人も動物も様々な人生がありますね。。。

 

【2016/2/8】

PAGE TOP