課外授業の小学生ら10人スズメバチに刺される

【2016/9/16】

今日、16日午前9時10分ごろ、東京都日野市新井の向島緑地で、

課外授業で虫などを観察していた、小学3年の男子児童5人、女子児童4人、男性教師の計10人がオオスズメバチに頭や腕などを刺されて病院に搬送されました。

いずれも命に別状はなく軽傷との事です。

大事に至らず本当によかったです。

 

オオスズメバチは特に刺されると死に至る確率の高いハチです。

巣を作る場所も、大木の中や土の下、道路の中・・・など。

とにかく分かりにくい場所に巣作りをするので、1匹でも見つけたら、その場所からは離れたほうがよいでしょう!

もし、刺された場合はスグに病院へ行くことが第一ですが、近くに病院が無い場合、

応急処置としては

■傷口をつまんだり吸引器を用いる方法で毒液を体内から外に出す。

この際、口で毒液を吸い出してはいけません。(口に傷があった場合、そこから毒が染み込む可能性があるため)

■傷口を流水ですすぐ。(患部の冷却と毒液の排出のため)

但し、応急処置をしたから大丈夫ではありません!

必ず病院へ行ってくださいね!!

 

【2016/9/16】

PAGE TOP