農作物被害(奈良のシカ)

【2017/5/6】

奈良市で保護対象となっている国の天然記念物「奈良のシカ」

とっても可愛いですよね…

我が家も何度か訪れたことがあります。

食べさせようと、シカせんべいを購入し、あげようとしましたが…

すごい勢いでおせんべいを狙ってきたので、息子がビックリして全部落としてしまったのを覚えています(笑)

「奈良のシカ」は古くから春日大社の「神鹿(しんろく)」として保護され、1957年に旧奈良市一円を保護エリアとして国の天然記念物に指定されています。

県によると、奈良公園には現在、約1200頭が生息し、観光客らにとっても人気ですが…一方で、食害も問題となっています。

農作物被害に悩んでいる農家の方々が増え、

農作物被害対策として初めての捕獲が今夏にも始まるとの事です(-_-)

奈良県が文化庁に捕獲のための現状変更許可を先月申請し、認められる見通しとなりました。

県は、市中心部では従来通り保護を続ける一方、郊外では頭数管理を進め、人とシカの共生を図ります。

元々、捕獲が可能な旧都祁村と旧月ケ瀬村では、奈良市が2016年度に57頭を駆除しているそうです(-_-)

 

捕獲→駆除

という方法しかないのでしょうか…

 

農産物被害にあわれた方々には失礼かと思いますが、

何か違う方法での対策を望んでしまいます。

 

 

【2017/5/6】

PAGE TOP