金魚や熱帯魚がなりやすい病気

【2015/1/27】

【金魚・熱帯魚がなりやすい病気とその治療法】

 

■白点病

症状:からだに白い斑点ができる

治療法:水温を上げて薬浴させる

 

■マツカサ病(エロモナス病)

症状:うろこがマツサカのように逆立ってくる

治療法:薬浴させる、治療が難しい病気です

 

■尾ぐされ病(カラムナリス症)

症状:尾びれが腐ってくる

治療法:薬と食塩を入れて様子をみる

 

■エラぐされ病・口ぐされ病

症状:エラや口にカビ状のものがつく

治療法:薬や塩水浴で治療

 

■ウーディニウム病(サビ病・コショウ病)

症状:白点病よりも黄色っぽい粉状の点がでる

治療法:薬浴、塩水浴

 

■水カビ病

症状:からだの傷ついた部分に糸状のカビがつく

治療法:塩水浴、薬浴

 

■穴あき病(トリコディナ病)

症状:うろこの一部が膨らみ赤くなり、うろこが脱落する。金魚に多い

治療法:水温を上げて薬浴させる

 

■イカリムシ病

症状:うろこの間に10mm前後の糸状の寄生虫がつく

治療法:ピンセットで除去する

 

■ツリガネムシ病

症状:からだに1~2mmほどの白点が現れ、やがて穴があいたようになる

治療法:塩水浴、薬浴

 

■ウオジラミ

症状:直径4mm前後の寄生虫がつく

治療法:ピンセットで除去する

 

■ポップアイ

症状:眼が突出して出目金のようになる

治療法:水質改善を行う。治療は難しい

 

■吸虫病

症状:エラの一部が変色したり、溶けたりする

治療法:薬浴

 

■白雪病

症状:魚が体をこすりつけるような動作をする。体に白い雲状のものがつく。金魚に多い

治療法:水質改善をし、塩水浴、薬浴で治療

 

※もし、上記のような魚を見つけた時には、ほかの魚たちに感染しないように隔離してすみやかに治療を行いましょう。

金魚や熱帯魚には、さまざまな治療薬が市販されていますが、状況次第では、水槽全体を消毒しなければならない可能性もあります。

自分で病気を判断する自信がない時は、ショップの人に相談してみましょう。

 

 

 

 

【2015/1/27】

PAGE TOP