長野県の山中で見つかった捨て猫たち

【2016/5/4】

先月26日、長野県信州新町の山中で、何者かに遺棄されたとみられる猫21匹を同市保健所が保護しました。

長野市保健福祉部によると、21日午後1時半ごろ、市民から信州新町越道の山中にある中尾浄水場付近に2、3日前から突然十数匹の猫がいるとの連絡を受け、現地で市保健所は、推定年齢4カ月から3歳の猫が多数いることを確認。21日に13匹、22日に5匹、25日に2匹、26日に1匹を保護しました。

いずれも極めて空腹の状態にあり、衰弱している猫もいるそうです。

猫たちは、市保健所担当者が21日に現地で確認した際、さみしそうに寄り添っていましたが、保護する際に逃げ出す猫もいたため“一網打尽”とはいかなかったそうです。

同時に遺棄された猫がなおも山中に残っている可能性があるといいます。

保護した猫の多くは人に馴れているうえ、周辺に人家がほとんどないことや給餌をされている様子がないことから、市と県警は、特定の人物が飼い猫か預かっていた大量の猫を山中まで運び遺棄したとみています。

長野中央署が、動物愛護法違反(遺棄)の疑いで捜査を進めています。

(産経ニュース記事より)

♡猫を保護した市保健所には28日までに県内外から問い合わせが殺到し、18匹の引き取り手が見つかりました。
残る3匹も早く飼い主がみつかるといいですね~♡

【2016/5/4】

PAGE TOP