隣家トラブルで野良猫餌やり人へ55万円支払い命令

【2015/10/3】

隣家の女性が野良猫への餌付けを続けたため、

排せつ物で自宅の庭が汚されたなどとして、福岡県内の住民が約160万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が福岡地裁であり、裁判官が女性に対し、

慰謝料など55万円の支払いを命じました。

17日付けの判決内容によると、

女性は2013年5月頃から少なくとも同年12月頃まで、自宅玄関前に餌を置くなどして複数の野良猫に餌やりを継続。

周辺に居着くようになり、原告住民の自宅の庭に入り込んで排せつするなどし、原告は庭の砂利を入れ替えました。

詳しくは⇒(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150926-00050009-yom-soci)

 

ネコの排泄物は、特に臭いがきつく、近くに放置されているだけで不快な気持ちになります。

今回、野良猫に餌を与えていた方の「猫をかわいがる」気持ちは十分分かります。

・・・が、自身が餌を与えたことによって、その後どうなるか、

というのは考えなかったのでしょうか((+_+))

 

 

 

【2015/10/3】

PAGE TOP