高崎山自然動物園の最高齢サル

【2017/3/15】

高崎山自然動物園で15日、最高齢だった雌ザル「チャギリ」(33歳)が死亡したとの発表がありました。

 

人間の年齢では100~110歳ぐらいだそうです。

 

「おばあちゃん」の愛称で親しまれていました。

 

同園によると、チャギリは1月27日まで所属する群れのサルたちと一緒に麓の餌場まで下りてきていましたが、その後は姿を見せなくなり、1か月以上経過したことから、園は慣例に従って死んだと認定しました。

 

チャギリは、同園の平均出産数の2倍にあたる14匹の子どもを産みました(๑>◡<๑)

天国で子どもたちを見守っていて下さいね。

 

高崎山自然動物園

http://www.takasakiyama.jp/takasakiyama/

 

 

 

 

 

 

【2017/3/15】

PAGE TOP