2050年までに外来種を根絶へ・・・

【2016/7/31】

ニュージーランドは、ネズミ、オコジョ、ポッサムといった外来の動物たちを2050年までに根絶するという、史上初となる大胆な計画を発表しました。

固有の動植物を襲う厄介者を追い払うことが目的です。

「ニュージーランドに固有の動植物は、我々の国民としてのアイデンティティの中核をなすものです」

「彼らは数百万年の間、哺乳類のいない世界で進化をしてきました。その結果、外部から持ち込まれた捕食者に対して極めて脆弱です。外来種は毎年およそ2500万羽にのぼる我が国自生の鳥を殺しています」

同国のマギー・バリー環境保全相はこう述べています。

Yahooニュース記事より(http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160728-00010000-nknatiogeo-sctch&p=1)

 

ひとえに、「外来種の根絶」といっても容易な事ではありません。。((+_+))

ネズミは特に繁殖力がとても強く、あっという間に数が増えてしまいます。

 

しかし、ニュージーランドでは国をあげて、危機にさらされている自然遺産を守るため戦っていくんですね!!

 

私たちの国日本にも、外来種によって絶滅の危機にさらされているものたちが数多くいます。

排除しても・・・しても・・・一向にいなくなる気配のない外来種たちは深刻な問題です。

もし、ニュージーランドでこの計画が成功した時、その次に実行するのは私たちの国であってほしいです(≧◇≦)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【2016/7/31】

PAGE TOP