GW 「ツチノコ大捜索」

【2015/3/20】

ヘビに似ている未確認生物「ツチノコ」を捜す恒例の「つちのこフェスタ」が5月3日、東白川村で開かれます。

ツチノコは冬眠から目覚めた時期が「捕獲の絶好機」とも言われており、捕獲した人には賞金126万円が贈呈されるそうです~>゜)~~~

村によると、村内では昭和初期から目撃証言があり、「全国有数の多発地帯」とされています。

証言によると、ツチノコは体長30~80センチくらいで胴が異常に太くて、「転がる」「ジャンプする」などの特徴があるといわれています。

1987~88年に村内で「石を当てるとタイヤに当たったような音がした」「黒っぽいビール瓶のようだった」など少なくとも7件の目撃があり、村では翌89年に賞金100万円でフェスタが始まり、昨年も県内外から集まった約500人が捜索したが見つからず、毎年1万円ずつ積み上がった賞金は126万円になっています~>゜)~~~

もし、見つかったら・・・

大ニューーーースになること間違いなしですね。

【2015/3/20】

PAGE TOP