「どこでも眠れる」猫から学んだ写真家さん

【2015/12/4】

犬猫写真家の新美敬子さんは、世界中を旅しながら、街角で出会った犬や猫と人との暮らしを撮り続けています。

 

その新美さんも、かつてお勤めをしていたときは、本当に寝つきが悪くて悩んでいたそうです。

お酒を飲まないと眠れないと・・・

ところが、いまはあれほど悩んだ昔がウソのように、ベッドに入るなりバタンキュー。

お酒の助けも必要なし。

猫に学び、「猫の眠り方」をマネしたら、自分でもビックリするほど快適に眠れるようになったそうです☆彡

 

(http://toyokeizai.net/articles/-/94559)

↑この記事に掲載されている新美さんの、猫から学んだ「上手に寝つく4つの極意」を読むと・・・納得!

その中に、こんな言葉があります。

「猫にとって日向ぼっこというのは、ちゃんとした意味があること。それは「ひとりになって自分を見つめ直す時間」なんです。ただぼーっとしているわけではなく、大切な時間です。」

 

これは、私たちにも言える事ですね・・・

 

「ひとり時間」大切にしたいと思いました。

 

 

 

【2015/12/4】

PAGE TOP